FC2ブログ

泉佐野市が犬税を検討

今日のニュースで、大阪府南部にある泉佐野市が犬税の導入を検討していると報じられました。

なぜ?

放置された犬のフン対策の財源にするためだそうです。

泉佐野市といえば、財政難から市の命名権を売却しようとしている(買い手はまだない)自治体。
海外でも犬税は財政難を補う手段として導入されることが多いと解説してるニュースもあったけれど・・・・

フンを放置する飼い主がいるから税金取ります、なんて恥ずかしいことを全国ニュースで言ってもいいんですか、市長さん。
泉佐野市はこの1月から犬のフンを放置した飼い主に1000円の罰金を課する条例を作ったそうですが、フン放置の実行犯を見つけるってむずかしいですよね。私だって<拾わない人を見つけたらぜったい文句言ってやろう>と思っているけど、毎日せっせと散歩してても実行犯には出会わないです。

P1050619_convert_20120628214622.jpg

はいはい、すぐ出せるようポケットに1枚。ウエストポーチに予備が入ってるよ。
(ちなみに私は地面に落ちる前にビニールで受けるダイレクトキャッチ派です)


でも飼い主のマナーって、フンの放置だけじゃないはず。
自分にとって大切な犬を地域に愛される犬に育てることが大事だと思う。
セレナを譲渡してくれたPFLJさんに、私はそう教えられました。

犬を飼う人の認識全体をボトムアップしていくことが必要でしょう?
そこのことろをキチンとしないでフンの始末に税金を使ったりしたら、不心得な飼い主はますます自分で始末をしなくなるんじゃないかと思います。


もし、私の住んでいる町で犬税を取るなら、社会の中で犬が正しく扱われるように使ってほしいと思います。


今日のセレナ。

初めてパイナップルの芯を口にするセレナ。
P1060635_convert_20120628214755.jpg

P1060648_convert_20120628214825.jpg
ン、ウマいっ!
関連記事
スポンサーサイト



合成遊び

最近見つけたむっちゃオモシロイブログ、つるりとアジリティ。中でも、愛犬つるり君とフェルメールの名画を合成した作品に感動しました。
元の名画はコレ。↓

名画_convert_20120627203549

ワタシも感動したい、という方はコチラをクリックしてみてください。

あまりに感動して「真似していい?」と許しをもらったのですが、写真合成なんてしたことないです。
最近購入したピクセルメーター(Photoshopに似てるけどとっても安いソフト、ただしMac用)を使えばできるらしいので、ハウツーを教えてもらおうと今日の午後アップル心斎橋店に行ってきました。

アップル直営店でパソコンを買ったときにOne to Oneのメンバーになると、コンピュータの使い方を無料で教えてもらえるのです。
90分のオープントレーニングで写真合成のイロハを教えてもらって、できたのがコレです。つるりんモデルの作品とは雲泥の差ではありますが、下手はヘタなりに味があるといいますか・・・

「真珠の耳飾りのセレナ」
さむらい+2_convert_20120626214745


セレナが着物を着たお侍さんに見える。これから討ち入りに行くんですか?
垂れ耳の洋犬なのになぜでしょう?


お手本の作品、「真珠の耳飾りのつるり」と「真珠の耳飾りのレイちゃん」はどちらもモデルが立ち耳のワンちゃんだから大きく違ってしまったのかも・・・・と、失礼を承知で仲良くなったばかりのシェパードのタラちゃんにモデルをお願いしてみました。

「真珠の耳飾りのタラちゃん」
シスター+たら_convert_20120626214837

お手本の作品に比べて地味だなあ〜。今度はタラちゃんがシスターに見えてきた。中学のとき怖かった先生に似ています。

新しい遊びを覚えたようで楽しいですよ。
写真加工ソフトをお持ちの方には合成遊びをオススメします。
関連記事

お若くてキレイな犬

今朝は私にしては早めの5時半スタートでお散歩へGo。
早起きは三文の徳、というわけで、河原の遊歩道を歩きだしたところでシェパードのタラちゃんを前方に発見!
「オハヨウゴザイマスッ」と元気よく挨拶して並んじゃいました。
パックウォークさせていただきますっ!!



タラちゃんパパの歩くペースと私のペースがほぼ同じなので、2人と2頭はごくごく自然に歩けました。無口に見えてたタラちゃんのパパさんも並んで歩くと犬の話が尽きず、あら〜無口な人ではなかったのね。
「今日は1時間遅れたけどいつもは4時半ごろから歩いている」と教えてくれました。つまり、私がもう1時間早起きしたらまた一緒に歩けるのね・・・。


P1060614_convert_20120625102042.jpg

人間同士は仲良くなれたので、犬同士も仲良くなってもらいましょう。

P1060615_convert_20120625102018.jpg

タラちゃんにクンクンチェックされても従順なセレナ。
タラちゃん、お若く見えますが12歳だそうです。

シェパードって白髪が出ないのかしら? 目の輝きも、精悍な雰囲気も、とてもシニア犬には見えません。お顔も可愛らしい。
7歳で通りまっせ〜奥さん。


P1060620_convert_20120625102126.jpg

奮発して買ったおやつ<鹿肉五膳>(高麗人参、霊芝、ローヤルゼリー、かき殻、ハトムギ入り)を一粒あげたらワタシのこと好きになってくれたみたいです。 



P1060621_convert_20120625102221.png

セレナの目も<鹿肉五膳>を見つめて輝いている〜〜〜


折り返し地点で犬はニオイ嗅ぎ&トイレ休憩。人間はストレッチをしてもと来た道を戻りました。

一緒に歩いたのは遊歩道往復の4キロのみ。帰り道はタラちゃんが歩きながらちょっとだけウォンウォン鳴きました(かまってほしかったのかな?)。それまでは元警察犬かしらって思うぐらい優等生っぽかったので意外な一面を見た感じ、でもパーフェクトなお利口さんじゃないとわかって前より好きになったわ。また会ったらセレナと一緒にオヤツ食べてね〜〜〜



P1060624_convert_20120625102155.jpg

推定4歳のセレナとビックリするほどお若く見える12歳のタラちゃんの初めてのパックウォークでした。

関連記事

梅雨の晴れ間に

お庭で遊ぶときはピンと立ってるセレナのシッポ。

 
今日の午前中の散歩、河原の遊歩道ではしょぼんと下がっていました。

私としては大サービスのつもりで猪名川公園まで行ったのだけれど、河原の遊歩道を歩いている途中で正体不明のパン、パンという音(車のバックファイアより低い音だったけど)に落ち着きなくしてシッポがダウン。

やたら強く引っ張ったりはしなかったけど、えらく長い間シッポが下がったままだったな〜

同情しても犬のためにはならないとシーザーさんが言ってたのを思い出して、
「アンタは可哀想な犬じゃないのよ。私がついてるんだから平気だよ」と念を送りつつ歩いたけれど、セレナは「薄情な飼い主!&%#$」と思ったかも。

それでも、遊歩道をぐるっと4キロほど歩いていつもの橋に戻ったころには落ち着いて、いつもの顔に戻ってました。
P1060420_convert_20120622220934.jpg

お散歩仲間と挨拶する河川敷は昨日までの雨で水浸し。
P1060417_convert_20120622220907.jpg

明日は少年野球も無理でしょうね、気の毒に。

P1060459_convert_20120622222802.jpg
2時間近くの散歩から帰り、いきなり脱力するセレナ。
明日も遊歩道に行くよ〜。シッポを上げて歩こうね。
関連記事

マイクロチップ入れました

万が一、ペットが迷子になったときの身元確認に有効なマイクロチップ。
どこで入れてもらえるかわからなくてつい先延ばしにしていましたが、 ネットで調べてみたらいいリストがありました。

マイクロチップを推進している日本動物病院福祉協会の認定病院のリストです。
認定病院には必ずチップの読取り器がある・・・つまり装着もしてもらえるってことですね。古い(平成5年の)データですが、148の認定病院を都道府県別で検索できます。
ページはコチラ→


ウチから歩いて10分ほどのA動物病院をリストに発見。
問題は、その動物病院の近くにセレナが苦手な踏み切りがあるということでした。



案の定、病院に近づくと踏み切りの音・・・セレナは哀れっぽい声を上げて進行拒否。でも、ヒンヒン鳴いたら思い通りになるとセレナに勘違いされてもまずいし、それに、マイクロチップを入れることはセレナにとって必要なのだと気持ちを強くもって連れて行きました。

待ち合い室には猫ちゃんがいたので、ビルの踊り場の椅子に腰掛けて30分ほど待ったでしょうか。
風に乗って聞こえてくる電車の音に落ち着かずダッシュを試みるセレナ。リードを抑える私もしんどかったです。お守りとして持ち歩いているジェントルリーダーを着けたら少しは落ち着いたけど、お互い疲れたね〜〜〜

順番がきて、診察室に入れてもらってからはあっという間でした。
セレナは太い注射にもぴくりともせず、看護士のお姉さんに強いね〜とホメてもらって無事にマイクロチップ装着犬となりました。
P1060076_convert_20120621215937.jpg

費用は3000円プラス登録料1000円で4000円也。
迷子にしないことがもちろん大切ですが、まさかのときのための安心料と思えば安いものです。(調べていたら1万2千円かかったという例もあったし、地方自治体の補助で500円という例もありました。装着に使う針は通常の注射よりかなり太いので、小型犬など麻酔してから装着するケースもありました。セレナはそのままブスッといったけど)

どんなに気をつけていても、地震とか、水害とかでペットと離ればなれになってしまうことがないとはいえませんから、これから日本でもペットにマイクロチップを装着する人が増えるでしょうね。
P1060410_convert_20120621215908.jpg

苦手な電車の近くでよく耐えたセレナには、家に帰って大きなガムが与えられたのでした。
関連記事
プロフィール

ユキ

Author:ユキ
'09年からプロットハウンドのセレナと一緒に暮らしています。散歩の次に好きなのはダンスのレッスンを受けること。'14年からパッチワークと英語の勉強を始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
リンク
QRコード
QR