FC2ブログ

東京国際キルトフェスティバル

年に一度のキルトのお祭り、東京ドームで開かれるキルトフェスティバルに行ってきました。9時半の開場前に、この人の多さ!!!

th_IMG_7024.jpg
私は、前夜から東京に泊まってこの列に並びました。というのも、今回、初めてキルトフェスのワークショップを受けようと思ったので。お目当てのワークショップは各回6人の定員制のため、開場前から並んで無事予約券をget。あとは安心して会場を見て回りました。

大げさでなく、すばらしく見応えのある作品ばかりです。キルトをよく知らない人が見ても、すばらしい色、デザイン、アイデア、技術、構成力、そこに込められたメッセージ、楽しめる要素がいっぱいあります。

今年の日本キルト大賞作品 「WOW,BANANAS!」 迫力満点。
th_IMG_7056.jpg

作品はトラディショナル部門、創作部門、和の部門、額絵キルト部門、ジュニア部門、バッグ部門で公募された中から、すぐれた作品が展示されています。

私が好きな額絵キルト部門の写真。

th_IMG_7039.jpg
ニ色使いでシックで詩的。

th_IMG_7038.jpg
この作者、フィギアスケートがお好きなんでしょうね〜

th_IMG_7037.jpg
シャープなのにあったかくてカワイイ!作品。


これはトラディショナル部門で3位になった作品です。

th_IMG_7095.jpg

麻の葉柄の浴衣地をこんなふうに使うセンスがすばらしい! こんなびっくりするような作品を間近で見られるのがキルトフェスティバルの楽しさです。
th_IMG_7094.jpg


これは創作キルトのコーナーで撮った写真。となりにご婦人が写っているのでキルトのサイズがわかります。この作者は男性であります。しかも、おととしまではジュニア部門で受賞を重ねていた天才?! 真壁遼さん。
th_IMG_7048.jpg
思わず検索したら、数年前のタウン誌で針を持つ中学男子の写真がありました。今は大学生かな〜世の中にはいろんな才能ある人がいますね。

公募作品の他に、特別企画展も。今年はウィリアム・モリスをテーマにした作品展、ピーターラビットの世界を再現した作品展、「衝撃のログキャビン」と銘打った著名キルト作家の新作展などがありました。

「衝撃のログキャビン」もよかったし、バッグ部門も素敵でした。

そして、大好きな著名キルト作家、Kさんにお会いすることもできて嬉しかった! 大好きなトレーナーさんをみつけた犬みたいに近寄って挨拶しました。

そんなこんなで気がつけば、朝9時半に入場してから帰りの新幹線(午後4時半)の時間まで、キルトに夢中で昼ご飯も食べてないしトイレにも一度も行ってなかった〜〜〜ともかく東京駅に急いで駅弁を買って車内で食べて、家に帰ったのが夜8時半。

セレナのお世話を頼んだオットいわく「そういえばセレナも朝の散歩のあとはオシッコしてない。庭に出そうとしたけど出んかった」って。

th_IMG_7001.jpg

オットはセレナと遊ぶのは大好きだけど、散歩は無理して行かない派。

玄関に入ってそのままの格好でセレナにリードをつけ、丸一日会わなかったセレナと夜散歩を楽しみました。東京で人ごみに揉まれたあと、家に帰って犬と歩くって最高! 

(おまけ)
東京ドームのキルトは圧巻ですが、我が家のキルトはほのぼのです。
正月から飾っているミニタペ。河原で見た凧をデザインしました。th_カイトのミニタペ


人気ブログランキングへ←←←今年もポチっとよろしくお願いします。
スポンサーサイト



ゆる〜くいきましょ

ありがたい気持ちになるような青空が続いていたセレナ地方。



爽やかなあさんぽ、昼にはお庭でころりんこ。

th_th_IMG_5101.jpg

あらよっと。

th_th_IMG_5100.jpg

いやに嬉しそうな顔してどないしたん? 何もないで。

th_IMG_5104.jpg

可愛く撮れたこの写真を見てオットは一言、「顔でかっ」

思いっきり近づいてきたから遠近法でこうなるのはしかたないね、でもお尻は小ちゃい。ワタシもこんなふうに下半身スリムに写真映りたいです。顔も自動的に修正できるレンズがあればいいのに。

日曜日は月イチのパッチワークの日でした。宿題のクッションはその日の朝に仕上げた私。仕上げた証拠にセレナをいれて記念撮影。

th_image1_20150930121248b4e.jpg

ゆる〜く続いてきたパッチワーク基礎編もあと2回となりました。主催のpatch-workさんはこの春から雑誌キルトジャパンに連載ページを持たれていますが、その連載もあと1回。ひょっとすると最終回には私たちが苦心しながら練習したツギハギ細工が掲載されるかもしれません。

th_th_IMG_5064.jpg

パッチワークって、だれでも気軽にできるのよ、ってゆる〜く楽しい雰囲気が伝わればいいなあと思います。だって縫い目はゆるゆる、がたがたですのよ〜ん。






人気ブログランキングへ ←ぽちっとよろしく。

パートナーシップキルト2016

ブログ更新してない間に、夏の宿題を終わらせました。

来年1月の東京国際キルトフェスティバルで展示されるパートナーシプキルト。

今年のテーマはMUSIC。


どこがミュージックかといいますと、四角と三角でできたパターンの名前が”オール・ザット・ジャズ”というのです。

去年はまったくの自己流で参加しましたが、今年はお手本のパターンから”オール・ザット・ジャズ”を選びました。真ん中に使った犬のプリントがお気に入りポイントです。


同じパターンを使っても、人それぞれ、布の選びかたで個性が出るのがパッチワークの面白いところ。


th_IMG_4390.jpg
この写真は、月に一度習いに行ってる教室で、お仲間の練習作品をいっしょに並べてみたもの。ずらっと並ぶと楽しいわ〜。私のは上段の4つです。



th_IMG_4402.jpg
セレナも元気です。

期待に満ちた顔でこっちを見てる理由は・・・

伏せで待たせておいて、オヤツをいれたビジバディツイストを公園内に隠してきたのです。「search! 探せ」の声かけで飛び出します。こんなときはお目目キラキラ。



人気ブログランキングへ

初めての手仕事市終わりました

昨日7月4日、京都の一軒家で開かれた手仕事市に初参加しました。
きると研究所デザインコースの仲間、手芸男子ユニットpatch-workのワークさんと一緒に総勢6人での出店でした。

ふきよせ縦_convert_20150705205635
(中段右の写真が私の出品したもの、他のステキな作品は常連の作家さんたちのものです。詳しくはコチラを→★

率直な感想は
・・・・・・とっても勉強になりました。

でも、私たちがあまりににぎやかだったので、他の作家さんはびっくりされたかも・・・
とくに部屋がご一緒だったmacokumaさん、お邪魔だったでしょうにいろいろありがとうございました。


             


私はパッチワーク軍団の売り子に選ばれ、それなりに頑張りました

最初に買っていただいたのはこの子。
小関鈴子先生デザインの布を使ったので、<すずこちゃん>と名付けた直径10㎝のミニポーチです。イヤホン入れに、と思ってましたが買われた方は小銭入れにされるそう。お薬入れにもいいわ、と言ってくださった方もいました。自分では思いつかない使い方をお客さんに教わりました。

th_すずこ

半日のあいだに、売ることのむつかしさ、ご一緒した作家さんの作品への思い、商品の見せ方や企画の仕方などいろいろ感じることができました。

th_IMG_3532.jpg
朝早くから、ディスプレイ用のあれこれを車に積んで駆けつけてくれたpatch-workのワークさん(W)。
デザインコース1期生のお一人がここモリタハウスの所有者だったこと、patch-workさんが私たち生徒に出店をすすめてくれたおかげで今回の参加が実現しました。

th_IMG_3549.jpg
昭和の雰囲気たっぷりのモリタハウスでお客さんと作家さんが交流しながらの手仕事市。この日お会いしたすべての方に感謝です。


帰ったらオットがセレナをシャンプーしてくれてて、オットにも感謝。
ピカピカになったセレナがえらい嬉しそうに出迎えてくれたものだから、疲れも吹き飛びました。









手仕事市に出品します

7月4日、京都伏見のモリタハウスで開かれる
手仕事市<夏のふきよせ>に参加します。



詳しくはコチラ→ ★手仕事市・夏のふきよせ★


モリタハウスは京都の隠れ家的なゲストハウスです。5年前から続く、固定ファンも多い手仕事市に参加できるなんて夢のよう。せっかくいただいたチャンスなので犬柄の布小物を持っていきます。



というわけで、夜の針仕事のせいか今朝も寝坊。起きたら6時半。あさんぽはセレナにとって一日のメインイベントなので寝坊しても行かなくてはね。最短コースで河原に行ったら、グラ友の集いに間に合いました。

th_IMG_3136.jpg

オヤツに群がる犬たちの熱心さは年中変わりませんが、日除け帽子や長い手袋で夏だとわかります。そういえば今日は夏至です。

th_IMG_3149.jpg

雨上がりのグラウンドのキノコ。
小さきもの、はかわいらいいですね。

th_IMG_3152.jpg



人気ブログランキングへ


     



   
プロフィール

ユキ

Author:ユキ
'09年からプロットハウンドのセレナと一緒に暮らしています。散歩の次に好きなのはダンスのレッスンを受けること。'14年からパッチワークと英語の勉強を始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR