FC2ブログ

アカデミー9日目〜ロングトレイルの日

日本に帰って「セレナちゃんと感動の再会をしたのでしょうね」と何人かに言われましたが、セレナはふだんとかわらず淡々とした出迎え。予想通りです。
私の不在を寂しがり、帰宅を喜んだのはオット。これは予想外でした。



                    


IMGP3978_convert_20131212201847.jpg
 この日はエンジェルと。
 私の頭の中では
 犬はクレートに入れて
 車に乗せるもの、
 だったけど
 ドッグハウスでは
 1頭、2頭ならふつう
 に座席に乗せてました。
 慣れてる犬は
 車の乗り降りも上手。


IMGP3982_convert_20131212183950.jpg
 
 つながらない散歩。
 写真では小さいけど
 耳、起きてます。
 どうすればいいのか
 わからなくて
 途方にくれていると
 むこうから
 ボラのMきのさんが
 やってきました。

IMGP3983_convert_20131212153721.jpg
 とたんに私、
 リードをつかんで
 警戒感丸出し。
 恥ずかし〜
 相手はMきのさん、
 犬はルフィとツィギー
 警戒する相手じゃない。

 上手にすれ違わなきゃ
 ・・・って
 できもしないのに
 見栄はったんでしょうね
 
 これでは、
 犬とつながれないわ。
 エンジェルに
 集中すべきでした。

CIMG0968_convert_20131212201818.jpg

散歩はガチガチ、でも帰りの車中でRoccoの温もりに癒されました。
問題ありのRoccoも、唸るのを無視して頭のてっぺんを掻いてやると気持ち良さげにとろんとトロけてこんな顔になります。



午後は楽しみにしてたロングトレイル。

「これぞカリフォルニア、っていう景色を見られますよ」
ってMASUMIさん。カリフォルニアらしい犬の後ろ姿はこんなふう。
IMGP4029_convert_20131212195601.jpg
カッコ良すぎる、2代目マックスの後ろ姿。

IMGP4036_convert_20131212195808.jpg
高級住宅が並ぶパロスバーデス。
最初ちょっとだけマックスさん&浜ちゃんと。

IMGP4044_convert_20131212224717.jpg
ここの海岸線は切り立った崖になっていて、柵の真下が海です。

広くて静かな散歩道。ここにセレナと一緒にいられたら、と思いました。風は穏やかだし、飛行機の音もしない。ロサンゼルスは犬にとっても暮らしやすい街だわ。

CIMG1054_convert_20131212224937.jpg
コンデジのアートモードを使って、駐車場からの風景をパチリ。


 
ドッグハウスに戻って、ハマちゃんとの2ショットをリクエスト。


IMGP4070_convert_20131212200028.jpg
 
 動きはゆっくり、の
 ハマちゃんですが
 重さがあるので
 お尻で押されると

 思わずよろけます。

IMGP4077_convert_20131212200225.jpg
 





 それでも嬉しい。


スポンサーサイト



アカデミー8日目 ドッグパーク見学

はるばるロサンゼルスまで行って受けたDoggies 911のアカデミー。日本に帰りましたが、LAで見たこと、感じたことをもう少し書きます。MASUMIさんやスタッフさんの言葉や動きに「はぁーっ」と感じ入り、自分のできなさ加減を思い知らされた10日間でしたが、行ってよかった、と感じています。


          

8日目の午後はドッグパークの見学。

o0640042512767914678_convert_20131208125103.jpg


日本でいうドッグラン。犬をオフリードにできる場所で、無料です。車社会のLAだからもちろん駐車場も無料。日曜日だったのでたくさんの人と犬で賑わっていました。

アカデミーでは犬を連れずにドッグパークに入って、MASUMIさんに説明してもらいながら犬たちを観察します。

中央の白い犬。


パークに入ったとたん飼い主を置いてきぼりにして走り出し、次から次へと他の犬に向かっていました。
CIMG0898_convert_20131208084850.jpg

オレンジのトレーナーの女性が飼い主さん。呼んでも犬が来ない。騒ぎを起こしている自分の犬を急いで止めるふうでもなく、歩いてます。
CIMG0900_convert_20131208084946.jpg

一方コチラは、MASUMIさんに「素晴らしい!」と言わせた男性。
犬はピットブル2頭。
CIMG0917_convert_20131208085659.jpg

パークに入る前も入ってからも、飼い主カップルと常に一緒。他の犬にはわき目もくれずに犬密度の低い奥のほうに移動してボール遊びを楽しんでいたようです。

帰ろうとしる一行の目の前を、アノ白い犬が走ったので右側のピットが反応していますが
CIMG0919_convert_20131208090055.jpg

すぐに飼い主が気づいて自分のそばに戻し、軌道修正。カッコイイ。
CIMG0921_convert_20131208090132.jpg

白い犬は新たなターゲットを見つけ
CIMG0929_convert_20131208090210.jpg

必死で逃げる白黒ちゃん。この犬の飼い主はどこだ?
CIMG0930_convert_20131208090335.jpg

フェンス際では2頭が顔からのあいさつ。それっていいの?
CIMG0936_convert_20131208090419.jpg

「ダイジョウブ、あの白茶は遊べる子やよ。身体もリラックスしてる」MASUMIさんの解説。
CIMG0937_convert_20131208090556.jpg

ドッグパークでの犬観察、犬同士、犬と飼い主のいろんなシーンを見ることができました。

落ち着いて入ってくる犬は中でも落ち着いてるし、興奮して入ってきた犬は帰るまで興奮しっぱなし。これって、散歩と同じですよね。


この経験、毎日の散歩にも生かさなきゃ!




人気ブログランキングへ

アカデミー8日目 Mickey卒業

ミッキー、ドッグハウスとは今日でお別れ。


手塩にかけたやんちゃくれの旅立ちを喜ぶリョーコさん。

アカデミー8日目の朝はミッキーの引き渡しに同行させてもらいました。

芦屋の六麓荘(関西の高級住宅地)をスケールアップしたみたいな街のかわいらしいお宅。見晴らしのいいお庭を見せてもらって、危険個所をチェックしました。
ミッキーは小柄ながら(ミニピンですから)ジャンプ力があるので囲いの高さを上げるように指導。

次はお散歩の講習。
CIMG0853_convert_20131203140901.jpg

お散歩係の上の女の子が先頭でミッキーのリードを持ち、後ろをリョーコさんやお母さんが歩きました。

ミッキーがリョーコさんをチラチラ振り返るので、女の子もつい足を止めてしまいます。

「私のことは気にしないで、ずんずん歩いちゃって!」

リョーコさんの声かけで女の子がさっさと歩きだしたら、ミッキーも女の子について歩きだしました。

子供は素直で理解が早い! このお姉ちゃん、サッカー少女なんです。ミッキーと毎日2.3回はお散歩に行くんだって言ってました。



家に帰ってからは、家の中でのルールをミッキーに教えました。


ルールその1 ソファに上がっちゃダメ

ドッグハウスでは犬たち全員ソファOKでしたので、ミッキー、ソファを見たとたん飛び乗りました。そこですかさず”No!”
ソファには上がるもんだと思っているミッキーが再び前足をかけたところでしっかり”No!”

CIMG0865_convert_20131203140944.jpg

あっという間にこの通り。



教科書的な指導<クレートは静かなところに>も大事ですが、その家ごとに違うルールを教えることはもっと大事。

この家では女の子の部屋やベッドの上はOKでもご主人の部屋がある2階はダメ。階段を上がるな、もリョーコさんが実演してみせました。


ミッキーが好きでたまらない女の子たち。でも、可愛がるだけではいい犬に育ちません。
CIMG0877_convert_20131204020817.jpg

リョーコさんが子供たちに尋ねます。
「お母さんは宿題しなさい、とか、アブナイからダメ、ってうるさく言うよね。あなた達はお母さんのこと嫌い?」

            もちろん好き・・・

「ミッキーも同じ。”No!”って言ってもあなた達を嫌いにならないのよ」


これぞタフラブ




人気ブログランキングへ

アカデミー7日目 ペトコでトイレ散歩

ペトコでの譲渡会の日。シェパードSullyの里親決定には2時間以上の時間がかかりました。
私はその間にも、午後にも、ちょこちょこ保護犬たちのお散歩を。

犬たちは5時間あまりケージの中にいるので、順繰りにトイレ休憩かねてミニ散歩に連れ出します。キッズボランティアは小型犬。オバチャンボランティアの私は大きめの犬。

CIMG0734_convert_20131201153340.jpg
パコ。 初日の公園散歩でぜんぜんつながらなかったパコ。この日はプロングもつけてなかったのに、ときどきコチラを見てた。
道具じゃないのね。


056_convert_20131202125627.jpg
Coco。 ビビリンチョのニューカマー。下の歯が抜けて、笑いを誘う顔です。背中の毛が伸びたらきれいな犬になりそう。それまでに、タフラブ注入されてお散歩も上手になってね。


モカ_convert_20131202131216
モカ。 触れ合う機会は少なかったけど初めて見たときから私のお気に入り。犬にはいくらしいですが人懐っこい子でお散歩上手でした。

210_convert_20131202130012.jpg
ルル。 ほとんど初対面のルル。元気ありあまってぐいぐい行きたがりました。背は低いけど、筋肉ぶりぶり、ニンニクみたいに盛り上がってる。足にぶつかられるとよろけそうです。いっぱい運動させてやったら楽しい子になるんだろうな〜

163_convert_20131202125705.jpg
178_convert_20131202125813.jpg
リンダ。 少し前、MASUMIさんのブログで捕獲の動画があった放浪犬。譲渡会初参加でした。セレナみたいなびびりでパニクるかと思えば、すっごいいい子! 声も届くし、人を意識してました。

288_convert_20131203022148.jpg
        「オマエいい子やね〜」 MASUMIさん





何をしたか忘れないようにとだらだら書いてるんでなかなか更新が追いつきません。次は、ミッキーの引き渡し(お宅へお届け&セッション)についてアップする予定。

アカデミーもあと2日、たくさん見て、感じて、楽しむぞ〜!



アカデミー7日目




カリフォルニアの青いソラァ〜〜〜

CIMG0702_convert_20131201152950.jpg

毎週土曜日はショッピングセンター内のペットショップでドギーズ911の譲渡会。

一頭でも多く、新しい飼い主がみつかりますように!




到着早々、何やら店の前で動きが・・・
シェパードSullyを欲しいという夫婦が、先住犬を連れてはるばるアリゾナから到着したようです。ユウコさんとリョーコさんが犬同士の相性をチェックする一部始終を見学させてもらいました。

先住犬はゴールデンリトリバーと、6ヶ月のボーダーコリー。いい子だけど自由気ままな感じで、とくにボーダーコリーがわちゃわちゃでした。
CIMG0711_convert_20131202112802.jpg


CIMG0705_convert_20131201153017.jpg

ユウコさんがボーダーコリーを歩かせるうちに、ぴーんと立ってた尻尾がゆるんでいくのがわかりました。5分足らず、だったかな?

CIMG0712_convert_20131201153057.jpg

フォスターのYさんがSullyを連れ、その後ろをリョーコさんが先住犬1を連れて歩かせました。この2頭は問題なさそう。

CIMG0715_convert_20131201153149.jpg
問題はコチラ、先住犬その2。わちゃわちゃしてると思えば図体のでかいSullyにびびったりして・・・

里親候補のファミリーがご近所なら、後日セッションを受けてもらったりできるのですが、今日アリゾナに帰る人たち。相性テストでダメならSullyはアダプトできません。

場所を変え、ペトコ店内のトレーニングルームで3頭をフリーにしてさらに様子を見る。
CIMG0728_convert_20131201153249.jpg
リョーコさんとユウコさん、じっくり時間をかけて犬たちを観察していました。


結果は・・・・アダプト決定

183_convert_20131202132755.jpg

コングラチュレーション、Sully!

今頃はアリゾナの豪邸でくつろいでるんだろうな〜


プロフィール

ユキ

Author:ユキ
'09年からプロットハウンドのセレナと一緒に暮らしています。散歩の次に好きなのはダンスのレッスンを受けること。'14年からパッチワークと英語の勉強を始めました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
リンク
QRコード
QR